「汗・細菌・おりもの」の臭い対策は、まんこ臭い対策で清潔に

「スソワキガ・性病」でもないのに、まんこが臭い場合は「汗・細菌・おりもの」が原因で、下記の2つの状態になっていることが多いです。

  • 細菌が繁殖してしまっている場合
  • 膣内の善玉菌のバランスが崩れている場合

これらを正常に戻すことで、まんこの臭いを改善することができます。

まんこの臭い「汗」「細菌」「おりもの」対策は?

汗・細菌・おりもの臭い対策

汗や細菌、おりものによる臭いの解決方法は同じです。ずばり、膣内を清潔に保つことです。

「でも、毎日お風呂に入ってるし身体も洗ってるよ」と、思った人は要注意です。

洗えていると思い込んでいるだけで、じつはしっかりと洗えていないのです。

まんこを洗うときに膣内部までしっかりと洗っていますか?

よく、まんこ内部は洗わないほうがいいという情報がありますが、それは大きな間違いです。

清潔に保つために

まんこの膣内を清潔に保つことが大切です。正しい知識で、内部までしっかりとお手入れしましょう。

膣の入り口はもちろんですが、清潔に保つために膣内までしっかりと洗うことが大事です。正しい知識で洗わないといけません。

間違った方法として

水で洗う

汗や雑菌は洗い流せますが、おりものは粘着性の高いタンパク質なので水では取りきれません。

石鹸で洗う

膣内を石鹸で洗うと環境バランスが崩れてしまって、さらにまんこの臭いが悪化します。

※デリケートゾーン専用の石鹸でも膣内部を洗うことはできません。

膣内と膣外部は別々に専用の対策を

膣内はインクリア、膣外部はまんこ専用の石鹸で洗いましょう。

インクリアは、膣内部専用の洗浄剤です。膣内環境を整えつつ「汗・細菌・おりもの」などはしっかり洗いながしてくれます。さらに、外陰部はまんこ専用の石鹸で優しく洗うことで、臭いを根本的に改善できます。

入り口を洗う「まんこ専用の石鹸」については、こちらのページを参考にしてみてください。

まんこ専用石鹸ランキング

モニター84%が効果を実感。売れ筋ナンバーワン!

まんこ臭い
まんこ匂い臭い

「オリモノ・雑菌・経血・垢(あか)」の洗い残しは性病へ

まんこに付着したオリモノや雑菌を洗い流していないと、細菌性膣炎やカンジダ膣炎などの性病を発症しやすくなります。完治した場合でも、日常生活の中でしっかりとケアをしていないと、再発してしまいます。

ストレスや疲れによるホルモンバランスの乱れが原因で性病にかかりやすくなりますが、毎日のお手入れができていれば予防も可能です。

とくに、生理後のケアは怠らないようにしましょう。生理後は、ナプキンでムレて雑菌が繁殖し、膣に経血が付着している状態です。放っておくと酸化して、においや性病の原因となります。

膣内部はインクリアで自浄作用を整えて、膣外部はデリケートゾーン専用の石鹸でオリモノや雑菌、垢、経血などを洗い流して性病を予防しましょう。

私のまんこの臭い大丈夫?セルフチェックする方法

彼から指摘される前に、「あれっ私、まんこが臭い」と気づけた人はラッキーかもしれません。

自分の臭いは、自分では気づきにくいものです。

お風呂上りに自分が履いたパンツの臭いを嗅いで確認するという方法もありますが、抵抗を感じる人も多いですよね。

まんこの臭いがしやすい人の特徴をまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

  • 2〜3日ほど便が出ていない
  • 外食や脂っこい食事が多い
  • 週に3日以上、お酒を飲んでいる
  • 着圧ストッキングやタイツをよく履く
  • 耳垢が湿っている
  • パンツに黄色いシミがついている
  • 両親や兄弟にワキガ体質の人がいる
  • 最近寝不足で、疲れを感じている

「パンツに黄色いシミがついている」という人で、まんこの臭いが強い人はスソワキガである可能性が考えられます。

すそわきがとは、陰部のワキガのことで、ワキガ特有の臭いと雑菌やオリモノが合わさることで強い臭いを発します。

すそわきがの場合は、デリケートゾーン専用の石鹸や膣内洗浄剤で洗うだけでは不十分で、デオドラントクリームなどで発汗作用を抑える必要があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ